給湯器の種類

 

給湯器を使っていない家庭というのは存在しないでしょう。
何故なら蛇口からお湯が出せるのも、風呂を焚くことができるのも全て給湯器があってこそできることだからです。
どのような仕組みになっているか気になる方もいると思いますが、実は仕組み云々以前に給湯器と一言でいっても幾つかの種類が存在し、その種類によっても水を湯へと変える仕組みが変わってきます。


大まかに分類すると給湯器の種類は「電気」「ガス」「石油」の3つに分かれます。
ただし、最近では太陽光発電の普及も出てきたことで、太陽光を利用して水をお湯にする種類のものも出てきました。
しかしこの太陽光を利用したものは太陽の光がなければ利用できないために、結局はこれだけでなく前途した3つの種類の出番が必要ということになります。


そしてこの3つの中でも細かく分類され、更に取り扱う企業によっても種類が変わってくるということもあります。
ですが、それでも基本的にこの3つだと考えて問題はないでしょう。


種類があるということは当然のことながらそれぞれメリットとデメリットが存在します。
特にデメリットの方は家庭の環境によっては致命的なものになる恐れがあるため、それらを考えて選ばなければいけません。
逆に今給湯器を利用しているが、使いづらい、不便と考えるのであれば別の種類の給湯器の利用を考えるという方法もあります。


では「電気」「ガス」「石油」の3種類はそれぞれ給湯器としてどのような特徴を持っているのでしょうか。